大人ニキビ キレイアップラボ

スキンケアにはビタミンC

ビタミンCを効率よく摂取することがニキビ治療には欠かせません。

ビタミンCを摂取すると得られる効能には色々なものがありますが、肌にとっては美白・美肌効果があることで知られています。

しかし、実はニキビの治療にも大きな影響があるのです。

皮脂の過剰分泌を抑制する

皮脂は肌を守るための必要なものですが、過剰に分泌されると余分な皮脂が老廃物となってしまい、ひいては毛穴に詰まってしまいます。

そして、この詰まりこそニキビの原因になってしまいます。

ビタミンCを摂取することで過剰な皮脂の分泌を抑え、瑞々しい肌を保つことができます。

抗炎症作用

肌の炎症を抑える効果があるので、赤ら肌やニキビ跡の治療・予防することができます。

角栓をゆるめる

角栓とは古い角質と皮脂が混ざり合ったもので、ニキビの主な原因です。

ビタミンCにはこの角栓を分解し除去しやすくする作用があります。

美白作用

酵素チロシナーゼと呼ばれるメラニン色素発生の元となる成分があるのですが、ビタミンCを摂取することでこの成分の発生を抑制できます。

メラニン色素とはシミやニキビの元となるものなので、結果的にスキンケアとニキビケアの両方に作用するのです。

活性酸素を中和させる

ビタミンCには活性酸素を中和させる作用があり、これはシミと肌荒れの発生を防ぐことに繋がります。

色素沈着を防ぐ

これこそビタミンCの肌に作用する効能の中で一番大きな効能です。

色素沈着はニキビ跡の一種で、肌が他の部分より色濃くなってしまいます。(一種のシミ状態)

ビタミンCを摂取することで色素沈着の原因であるチロシンの分泌を妨げることができます。

ビタミンC誘導体入りの化粧水を使う

化粧水や美容液でビタミンCを摂取する場合、気を付けるのはどのようにして含まれているかということです。

可能な限り【ビタミンC誘導体】として含まれているものを使用するようにしましょう。

ビタミンC誘導体は体内に摂取することで酵素反応などが起きることでビタミンCとなるものです。

この形状をとっていることによるメリットは、誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率が格段に向上することです。

つまり、ビタミンCをそのままの形で摂取するよりも安全かつ多量に摂取することができるということです。

ビタミンCは健康に対して好影響が多いため色々な食品・薬用品・飲料などで見かけますが、そのままの形だと分子構造が不安定で壊れやすいため十分な量を摂取するのが難しいです。

また、化粧水などの美容液にビタミンC成分を使おうとしても皮膚は水溶性の成分を弾きやすいという特徴があるので、構造が水溶性ではない誘導体の形で摂取するのが好ましいです。