大人ニキビ キレイアップラボ

女性必見のニキビを隠すテクニック

化粧水や美容液で体の芯からじっくりとニキビを治している場合、どうしても治療に時間がかかってしまいます。

男性ならまだしも女性だとこのニキビ・ニキビ跡で悩んでいる人は多いです。

そういった人はみんな
「どうメイクで上手に隠すのか?」
と試行錯誤しています。

ニキビ肌やニキビ跡があると肌表面は凸凹になっている場合、メイクのノリは悪くなってしまいます。

かといって無理に隠そうとメイクを厚くしてしまうと、回復中の肌のターンオーバーを乱してしまいニキビ跡の治療が遅れてしまいます。

ニキビ跡がある肌というのは、いわば治りかけの状態なので、元の正常な肌に戻るまで根気よく治療を続けていく必要があります。

そのため、刺激の強いメイクやファンデーションの厚塗りをしてしまうと治療は遅れてしまいます。

では、メイクで上手くニキビ・ニキビ跡を隠すにはどのようにしたらいいのでしょうか。

ニキビを隠すメイク術

以下のことに気を付けてメイクをすれば上手にニキビを隠すことができます。

ファンデーションの使い過ぎ

カバー力の高いファンデーションなどを使って肌全体を滑らかに見せようとすると逆にニキビ跡の凸凹クレーターが強調されてしまって目立ってしまうことが多いです。

むしろファンデーションを薄めにして地肌の質感を出す方がかえってニキビが目立たなくなります。

また、油分の多いファンデーションを選ぶのはNGです。

肌のツヤ感を出そうとすればするほど肌の陰影もくっきりと出てしまうので、ニキビ跡が目立ってしまうからです。

油脂が多いうという点で見てもニキビがある状態の肌には不向きといえます。

アイメイクを強くして視線を逸らせる

アイメイクを強めに仕上げておくと他の人から見た時に視線の印象は強い目元に集中します。

これは「ニキビ自体を隠すのではなく、他の部分をもっと目立たせる」というメイク術です。

目から遠い場所のニキビほど効果があるので、首や顎、口周りといった代表的な大人ニキビにはうってつけのメイク術です。

クレンジングは軽めに済ませる

メイク汚れは毛穴の汚れに繋がるのでしっかりと落とすことが大事なのですが、あまりやり過ぎるとかえって逆効果です。

そのため下記3つのことが重要になります。

  • クレンジングシートは使わない
  • 薄めのメイクならダブル洗顔をしない
  • 可能な限りノンオイルクレンジングを心掛ける