大人ニキビ キレイアップラボ

大人ニキビと思春期ニキビは違う

20代や30代にもかかわらず急にできるニキビ(大人ニキビ)には色々な原因があります。

思春期にできるニキビの主な原因はホルモンバランスの乱れです。

10代はホルモンバランスが不安定で、特に女性は生理があるのでホルモンの分泌がずっと安定している人は珍しいです。

このホルモンの分泌が異常だと肌の保護成分である皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴につまってしまいます。

皮脂が毛穴に詰まってしまうと外部からの汚れが付着しやすくなるだけでなく、古い角質が剥がれ落ちにくくなってしまいます。

この皮脂と汚れと角質こそがニキビの元凶なのです。

しかし、逆に言えばホルモンの分泌が安定期に入る20代や30代はニキビができにくいと言われています。

では、なぜ大人ニキビはできてしまうのでしょうか。

生活の乱れが大人ニキビの元凶

大人ニキビができる原因は一言で言うなら【生活習慣の乱れ】です。

社会人になると学生の頃より生活が不規則になりがちです。

睡眠不足、偏った食生活、ストレスの発散し忘れ、化粧落としを怠ったりするなどの習慣は大人になってから身についてしまう人が多いです。

また、飲酒や喫煙を嗜み始める人が出てくるのも20代や30代からです。

これら生活習慣の乱れはストレスの元になってホルモンバランスを乱したり、肌荒れの原因になったりします。

そして、そのホルモンバランスや肌環境の乱れがニキビの元凶となってしまうのです。

大人ニキビが出来やすい人は自分のライフスタイルを見直す必要があるといっても良いでしょう。

また、以下のようなことも大人ニキビの原因になります。

炎症

皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴がつまり、そこにアクネ菌などの菌が入り込むことで炎症が起きることでニキビが生じます。

ニキビの主な原因は過剰に分泌される皮脂ですが、大人ニキビは新陳代謝がうまくいかない為に角質などと混ざりやすいのです。

間違ったスキンケア法

男だと自分の肌に対して無頓着になりがちなので大人ニキビが繁殖しやすい肌環境と言われています。

また、女だと油分の多い化粧品を多用しがちになるのでそれだ大人ニキビのもとになります。